とりあえず求人情報だけ見たい人向け!IT転職サイトおすすめランキング

転職サイトと転職エージェントを比較!転職サイトのよさは?

転職を思い立った時にだれもが必ず使用するのが転職サイトや転職エージェントといったサービスです。

昔は紙媒体の物もありましたが、現在はインターネットが主流となっています。
転職エージェントへの登録もほんの数分で行うことができます。

転職エージェントとは求職者のための転職先を仲介する人材紹介会社のことです。

転職エージェントに登録すると求職者に対してコンサルタントが付き、求職者にあった企業を転職エージェントが抱えている企業の中から探し出してくれるので求人を検索するという手間を省くことができます。

一方、転職サイトは豊富な求人情報からより自分がやりたい仕事ができると感じられる企業を自分で探し出します。転職エージェントにより前もって企業が絞られているわけではないので豊富な求人情報から自分のペースで焦らずに企業探しをすることができます。

そして転職エージェントではコンサルタントからの履歴書指導、面談指導、求人の連絡などが頻繁にあり、こういった連絡が煩わしいと感じる方も少なくありません。転職サイトは自分主導なのでそういった煩わしさは全くありません。

ですからちょっと求人情報を見てみたいという方や、明確に行きたい企業像が出来上がっているので転職エージェントは不要という方、自分主導のマイペースで転職活動を勧めたい方に向いているサービスです。

IT業界特化型の転職サイトに登録しよう

転職サイトには大手リクナビNEXTやDODA、エン転職などの総合型転職サイトと、業界を絞った業界特化型転職サイトがあります。もちろんIT業界に特化した転職サイトもあります。

総合型と特化型での大きな違いは求人数です。

IT業界に特化した求人サイトでは総合転職サイトの数倍の求人情報が掲載されています。求人はIT業界に特化しているため、絞り込み検索をしていて異業種がうっかり引っかかってきてしまうということがありません。

求人機能以外の情報、例えば転職フェアの情報やIT業界の求人市場の動向など総合サイトよりも遥かにIT業界の情報量が多く、情報収集の観点からも特化型転職サイトは転職活動に必要不可欠です。

おすすめ転職サイト

現在IT業界に特化した転職サイトは40以上あります。
こんなにあるとどこに登録すればよいのか迷ってしまいますね。
求人情報口コミなどから総合的に判断した転職サイトをご紹介します。

①@type

1994年から転職ビジネスに参入しており、紙媒体からWeb化した時に作られたのがtypeです。歴史の長い会社のため独占求人が多いのが特徴です。

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県等の関東圏を主にカバーしている転職サイトで、関東圏と絞ったことでより幅広い業種の企業、職種を抱えることを可能としました。

サイトの特徴は自己分析ツールの豊富さで、転職力診断テスト、市場価値診断テストなど8種類の診断を受けることができます。

転職には自己分析が欠かせません。
転職エージェントと異なり転職サイトのみで転職活動を行う場合は自分一人でキャリアの棚卸や自分のスキル分析を行わなければなりません。

そのような時にtypeの転職サイトは大いに活躍してくれることでしょう。

また、自分の職歴、スキルを登録することで企業が望んでいる人材と自分のマッチング度が表示され、マッチング度の高い求人が新たに登録されるとメールが自動配信される仕組みになっています。

大手転職サイトに比べ、登録企業数はやや少ないですが、求職者が転職を成功させるために必要なノウハウが詳細に説明されていたり、自分と同じ企業をチェックしている他の求人者の動向を知ることができるなど、サイトを使い込めば使い込むほどより企業とのマッチング精度が上がり、マッチングする企業も増える仕組みになっています。

転職サイトでありながら求職者へのサポートに非常に手厚いサイトであると言えます。

②Green

IT・Web業界に特化した転職サイトです。

多くの転職サイトが求人会社に掲載する企画枠を購入してもらうことで報酬を得ているのに対し、Greenは採用成功により報酬を得ているので大手はもちろんベンチャー的な企業、独創的な企業が多いと定評があります。

Green(運営企画会社は㈱アトラエ)自体が転職サイトの運営企業においてベンチャー的な存在です。以前は認知度はそれほど高くありませんでしたが転職サイトとしては採用率が高く、企業側、求職者側双方からの評判がよい、急成長中の企業です。

転職サイトではありますが、学歴、キャリアを簡単に登録してからでなければ求人情報へス進むことができないため、面倒な入力を行ってでも転職活動をしたいという一定レベル以上の転職意欲の高い人材を集めるための工夫が凝らされたサイトです。

③IT転職ナビ

kipply(キプリィ)が運営する日本最大級のIT・インターネット・ゲーム業界の求人・転職サイトです。

ワークポート、ビズリーチ、イーキャリアなどの求人情報と連携し、IT転職ナビを見るだけでほとんどの転職サイトの求人を見ることができます。そのため、情報量は非常に多く、約18,000件弱の求人数があり、新着求人数も2000件近く保有しています。デザイン系やWEB関連の仕事に就きたい人に適した転職サイトです。

絞り込み検索の分類が非常に細かく、例えばゲーム関連でも25のカテゴリに分けられており、自分の希望する仕事をピンポイントに近い条件で探し出すことができます。

またスカウトサービスも無料で受けられるため、自分の職歴やスキルを詳細に登録しておけば
企業からスカウトメールが来ることもあります。

転職活動を決めたらまず登録したい転職サイトです。

転職サイトの仕組み、教えます

転職サイトって儲かるの?

結論を言えば、「儲かります」。
ここでは2種類「求人掲載サイト」と「転職コンサルタント(エージェント)」について紹介します。

求人掲載サイトの場合

沢山の求人を検索・比較できる便利なサイトですが、その仕組みは1週間単位の掲載料によって成り立っています。一般的に1週間あたり数十万円と言われ、オプションで写真撮影・会社紹介記事のライティングを代行してくれます。
求人に応募があった場合、企業の採用担当者が直接選考を行います。

転職コンサルタントの場合

転職コンサルタントは、企業から具体的に欲しいスキルを含め求人を受注し、ヘッドハンティング等した求職者をマッチングし、企業の採用担当者に結びつけます。
コンサルタントは求職者の担当を決め、ペアとなって企業のマッチングや面接練習などのサポートを行います。
無事入社が決まった暁には、転職コンサルタントは企業から成功報酬を受け取ります。一般的に年収の30%前後が相場と言われています。

業界に特化したサイトってどうなの?

最近は「看護師」「薬剤師」「ITエンジニア」といった、業界に特化した転職サイトもあります。これにより、自身のスキルにマッチした転職サイトを使うことにより、効率的に転職活動を進めることが可能です。
また転職コンサルタントの場合、扱うスキルが限られるため深くスキルを理解した上で求職者にのぞむ場合もあります。その場合、その人のスキルを細かく理解して企業側に伝える事が可能です。
ケース・バイ・ケースで使い分けていくのが良いかと思います。

「中の人」が紹介したい人はどんな会社?

エージェントの立場で紹介したいのは、いきなり年収が上がる会社ではなく、「長く勤めてくれそうな会社」「結果を出してくれる会社」です。
せっかく紹介してもマッチングしていなければ意味ありませんし、すぐに辞められても困りますよね。なので、「転職で年収アップ!」と意気込んでいる方は、まず落ち着いて、スキル見合いで程よい所を狙うと良いでしょう。
そういった観点では、どこの会社とも公平に付き合うのは難しいもので、同じ業界でも例えば内資・外資で得意分野が違う、といった事はよくあります。
応募したい業界によっては、複数社のコンサルタントと取引するのも悪くありません。
また、中には勝手にレジュメを企業に送るエージェントもあり、周囲やネットの評判を観て見定めることが必要です。

終わりに

もし身の回りに「転職サイト使ったよ」「エージェント使ったよ」という方が居れば、一度お話を伺ってみると良いかもしれません。また良質なコンサルタントだった場合は紹介して貰っても良いかもしれません。

女性におすすめの転職サイト

女性の転職タイミングは?

女性にはいくつか転職タイミングがあり、まず最初は一説には24~25歳と言われています。新卒から年数をこなしてゆき、ある程度社会に慣れた頃ですね。また、結婚のタイミング、出産のタイミング、子供に手がかからなくなったタイミングなどもあります。
いずれも、それぞれのライフイベントに合わせた、ワークバランスの良い会社を選びたいですね。

なぜ転職サイトを使うの?

転職サイトを使うことにより、コンサルタントやアドバイザーと安心して会社を探す事ができますし、非公開求人(コーポレートサイトで公開されていない求人のこと)を大量に扱っている転職サイトもあります。
転職サイトを使う際は、2つ以上の複数の転職サイトを使うとベストです。こうする事により、様々な角度で企業を探せるほか、口コミサイトも併用していくと良いでしょう。

オススメの転職サイト

リクナビNEXT(https://next.rikunabi.com/)

リクルートの運営する最大手サイト。最大の特徴はスカウトオファーで、レジュメ(職務経歴)を登録しておくだけでスカウトが届きます。転職サイトの1つとして登録はしておきましょう。

女の転職@type(http://woman.type.jp/)

キャリアデザインセンターの運営する女性向け転職サイト。「量より質」というポリシーが見え隠れしていて、他では見かけない求人がある事もあります。スカウトサービスもあり、優良企業からお誘いが来る事もあります。

イーキャリア(http://www.ecareer.ne.jp/)

ソフトバンク系の転職サイト。希望している様々な条件を検索して求人を探す事ができます。

とらばーゆ(http://toranet.jp/)

リクルートジョブズが運営する、女性向け転職サイトです。一般事務職から美容・医療・クリエイターまで幅広く職種を揃えているのがポイントです。

オススメのコンサルタント

イーキャリアFA(http://www.ecareerfa.jp/)
ソフトバンク系の転職サイト。転職エージェントのスカウトを受け、エージェントと共にお仕事を探しています。エージェント選びに困っているときにお勧めです。

DODA(http://doda.jp/)

インテリジェンスが運営する、転職サイト・コンサルタント両方の顔を持つサイト。大手企業・優良企業の求人が多く、キャリアカウンセラーとのカウンセリングが無料というのもポイントです。

おわりに

転職サイトというと男性向けが多いですが、女性向け一般職から介護・福祉・医療から美容業界まで、専門のサイトが幅広く充実してきました。皆さんもこれらのサイトを上手に使って、ぜひ転職を成功させてください。

30代におすすめの転職サイト

アブラが乗ってる30代

30代というと、社会人経験10年目を迎える年代であり、一通り場数をこなしつつ部下・後輩がついてくる年代です。
また、既に幾度かの転職をされ、ご自身のスキルや環境の合う・合わないが見つかる年代かもしれません。
転職市場でも美味しい魚のように「脂が乗ってる世代」であり、転職をきっかけに出世される方も多いです。

転勤・結婚・病気・ご実家の都合…

一方、生活環境が変わることで働き方や求める職場環境が変わっていく事もあります。
例えば、「結婚によって残業を少なくしたい」、「転勤先が合わないので、元の環境に戻りたい」、「実家の親が体調を崩したので、田舎の近くに帰りたい」といったお話もよく聞きます。これらはライフイベントとしてよくあるお話の一例ですので、ご自身の考え方・都合を加味して今後を決めてみてください。

そこで転職サイトを使おう!

前者ではその環境を一定のスキルを得た時、後者では職場環境を変えたい時、それぞれのエピソードを紹介しましたが、どちらも転職サイトを上手く使うことで解決できます。
都市部には同業他社の求人が集中しており、通勤の便や採用活動にも有利です。
また大手の転職サイトでは都市部の仕事だけではなく、地方の支店での求人も非公開で扱っている場合があり、地方へ引っ越しされる方も相談する価値はあります。

転職サイトトップ3

1. リクナビNEXT(http://next.rikunabi.com/)

大手転職サイトの1つ。
レジュメ登録後、すぐに大量の求人を観ることができます。
また、スカウトサービスを使用することで、エージェントや企業からスカウトを受ける事ができます。

2. リクルートエージェント(http://www.r-agent.com/)

大手転職エージェント。
全国に案件を持ち、未公開求人も多く取扱います。
一方で、人気の求人には人が殺到している、という情報もあります。

3. イーキャリアFA(http://www.ecareerfa.jp/)

転職エージェントや紹介会社とのマッチングサイト。
良質なエージェントにヘッドハントされることで、良い転職ができます。

ハードワークの人は全体の仕事量で量ろう

ハードワークの方ですと、8時間労働の後に2時間残業などが普通、といった方も少なくありません。
この場合、全体の仕事量と今の価値(給与)を天秤にかけて転職する形になります。
もしスキルが少なく全体の量だけ多いのならば、空いた時間で社内外でスキルを身につけ準備してから転職する、という方法もあります。例えば社内の上司・先輩に仕事のスキルについて質問・相談していく、社外勉強会に参加してみる、ネット等で同業者とお話してみる、などです。

コンサルタントも上手に使おう

コンサルタント(エージェント)は、企業と自身をマッチングしてくれる味方です。
譲れない条件があれば最初に提示し、そこから需要を観ながら落とし所を見つけるのが良いでしょう。

おわりに

「石の上にも3年」ということわざがありますが、現実採用担当の方によってはジョブホッパー(短期転職者)を見抜く為に、1つの企業に3年以上在籍できたかどうか、を履歴書を通して観ている場合があります。
また、「5年選手」「10年選手」という言葉もあり、その職種を何年続けてきたかという事を示しています。
いずれも、同じ道をコツコツ歩んだ結果が30代に跳ね返ってくるんだと思います。
皆様の転職が上手くいきますよう、お祈りしております。

エンジニア向けの転職サイト

エンジニア向けの転職サイトとは?

さて、Googleで転職サイトを調べると、有名・無名ともに無数にあり、とても熱い市場ということがわかります。
また、中には「非公開求人」の数を誇るところもあります。

まずは自分のなりたいエンジニア像をみつけよう

エンジニアにもいくつかパターンがあり、「特定の突出したスキルを持っている人」」「突出したスキルは無いけどサービスを考えながら動ける人」「エンジニアリングに限らずオールマイティになんでも出来る人」など、様々です。
しかし、実際に転職サイトを観ると「iOSデベロッパ」「データベースアーキテクト」「ネットワークエンジニア」といったように、特定のスキルを求められる場合が多いです。
また、それらの職種で絞込を掛けられる所がメリットでしょう。
まずはそれらのどれに合致するか、じっくりご自身のスキルを棚卸しして見定める必要があります。

求人を出している企業はどんなところ?

転職サイトは、企業側が広告掲載のように一定の金額を払って掲載してもらっています。つまり、採用に一定の予算を割く事ができる企業と考えた方が良いでしょう。

非公開求人とは

非公開求人とは、コーポレートサイトから求人を行っていないなど一般に公開されていない求人の事を指します。
例えば大手企業など、一般の窓口で求人を行うと定員数人に対し数百人の応募がある場合もあり、選考のコストが跳ね上がる場合があります。その為、コーポレートサイト等では非公開の求人を転職サイト会員に対してのみ公開している場合も多いのです。

掲載されている企業はブラック企業ではないの?

掲載に一定の審査があるにせよ、労務環境は残念ながらわかりません。
実際、コンサルタントのように企業の事を言葉で確認できないので、すべては通常の採用プロセスと同様、面接で確認していく事となります。
例えば転職会議(http://jobtalk.jp/)といったサイトで事前に企業の口コミを観ることができますので、参考にされると良いと思います。

転職サイト以外には?

転職サイト以外に、コンサルタント(エージェント)と共に会社を探していくケースや、ベンチャー系の場合は社員の縁故採用に予算が割かれている場合があります。
コンサルタントを使う場合、私見ですが一般的な転職サイトよりハイクラスの求人を扱っているケースが多い気がしています。
また、ベンチャー系の採用は即戦力を求める為、縁故採用により予めスキルがわかっている人を採用するケースもあります。

おわりに

エンジニアリングを続けていく上で、「より上を目指したい」「新しい事にチャレンジしたい」と思うのは自然な事です。また、同じ会社に居る限り給与アップが望めない場合や、生活環境が変わるといった理由での転職もあります。その理由は人それぞれですが、転職サイトにより間口が広がっている今、より転職活動がやりやすくなっています。皆さんの転職が上手くいく事をお祈りしています。

転職サイトの選び方

転職、したいですか?

「転職」と聞いて帰ってくる答えは様々だとおもいますが、一般的には今の会社に何かしらの不満があり転職なされる事と思います。しかし、転職市場も千差万別、そしてご自身のスキルの他、何を求めてるかをきちんと把握して挑みましょう。

会社を変えたいのか、市場価値を知りたいのか。

転職を希望される方には一定数、ご自身の市場価値を知りたくて転職活動をされる方がいらっしゃいます。その場合、転職サイトではなく希望の企業へ直接応募される場合が多いように見受けられます。もちろんそれも一つの方法ですが、他にも同業の友人とお話してみる、といった方法でお互いの「差」を感じる事もできますよ。

転職サイトの種類

転職サイトには、検索タイプとコンサルタント(エージェント)タイプがあります。
検索タイプは、リクナビネクスト(http://next.rikunabi.com/)、イーキャリア(http://www.ecareer.ne.jp/)といったサイトがあり、24時間いつでも検索・エントリする事ができます。 
コンサルタントは、自身に担当者が付き、企業の紹介および折衝を行ってくれるサービスです。
 

コンサルタントとの出会い方

私は以前イーキャリアFA(http://www.ecareerfa.jp/)でコンサルタントに出会い、無事に転職に成功したことがあります。また、外資系企業にお勤めの方など、LinkedIn等に登録していると外資系コンサルタントから勧誘の電話・メールが来る事がありますが、興味がなければスルーして頂いて構いません。

コンサルタントのカラクリ

コンサルタントは企業からのリクエストを受け、エントリーされる方を紹介・斡旋し、入社時に給与の一定割合の金額を報酬として受け取る場合が多いです。
その他、転職にあたり不安点の相談を聞いて貰えたり、模擬面接をセッティングして貰える場合もあります。
尚、良いコンサルタントは事前にエントリーする会社を教えてくれますが、悪いコンサルタントはFAX等で勝手に匿名の経歴書を企業へ送付する場合があります。予めコンサルタントの評価をネットで検索しておくことをお勧めします。

履歴書は手書き?Word?

業種や考え方による部分もあるかもしれませんが、よほどの理由が無い限りWordで問題無いでしょう。履歴書はWordという方が私の身の回りでは増えています。また、Wordの方がカドが立たない・メンテナンスが簡単といったメリットもあります。フリーの履歴書テンプレートを自分用に修正すると簡単です。

おわりに

永年雇用が事実上なくなった今、日本でも転職は一般的になりつつあります。自身のスキルアップだけではなく、生活環境が変わることでの転職もあるでしょう。皆さんの転職が上手くいく事をお祈りしています。

30代の未経験でIT転職をする場合

転職にはタイムリミットがあると言われています。
上限は35歳までと言いますが、これは業種によっても異なります。
未経験であれば、希望をしても就業が難しいことが多いです。

中には未経験者を集めて全く新しい会社を興すというところもありますが、そのような企業ばかりではありません。

それでもどうしても自分がやってみたいと思った仕事の挑戦をしたい、と考える人もいます。
もしも30代の未経験でIT転職をする場合にはどのようなことを準備したらよいのでしょうか?
考えておかなければいけないことはどんなことなのでしょうか?

IT業界はキャリアが必要となることが多い仕事です。
ITに関する知識が何もない素人が入ってくるともなると、今就業をしている人も苦労をすることがあります。
やる気だけがあっても対応をすることができないこともあるので、希望をしても転職をすることが出来ないことが多いです。

それでも転職を希望している場合には、まず基本的なことから始めてみましょう。
とにかく勉強をすることです。
IT業界は専門用語もたくさん出てきます。
その専門用語も分からないということがないようにしなければいけません。
社会人でも通うことが出来る専門学校があったり、通信教育で勉強をする方法もあります。
そこでコツコツ学ぶことによって、専門的な知識を得ることができます。

ハイレベルな資格を取得することも有利になります。
IT関連の国家資格があるので、それらの取得を目標とすれば、未経験者であっても転職をすることは可能です。

30代で未経験というだけでかなり不利にはなりますが、それでも国家資格などの強い武器があれば転職は絶対に無理ということはありません。

更に希望をするIT業界のことを徹底的に調べることも必要です。
調べることによって見えてくることもたくさんありますし、よく調べているという印象を与えることもできます。

30代ともなると最後の転職になるかもしれません。
この先定年までずっとこの企業で仕事をするのだ、というくらいの気持ちを持っていなければ、転職をすることは困難でしょう。
未経験で飛び込んでその仕事が自分には向かなかったということになっては遅いです。
転職をする前にしっかりと考えて、自分に合うのかどうか、天職をすることが出来るのかどうか、ということもよく考えることが大事です。

いきなり正社員を目指すのではなく、派遣社員として就業をした上でキャリアを積む方法もあります。

IT転職で役立つサイト

IT転職をする際にウェブサイトで様々な情報を検索することでしょう。
求人情報をチェックしたり、IT転職の際にあると有利となる資格を調べたり、その資格を取得するための勉強方法をチェックすることもあります。

特に求人情報については出来るだけ多くのサイトを利用し、自分の希望に沿うような求人を見つけるとよいです。
IT業界は経験者が優遇されることが多いです。
ですから、今までの自分のキャリアを生かすことが出来る求人を探す人が多いです。
どんなキャリアがあるのか、自分でもチェックをして置くことも大事です。
また自分がITの仕事でもどのようなことをやりたいのか、明確にしておきましょう。
志望動機があるはずですから、その点も分かりやすく説明をすることが出来るようにしておく必要があります。

今はパソコンだけではなく、スマホや携帯からでも専門のサイトにアクセスをして情報をチェックすることが出来るようになっています。
スマホや携帯であれば時間が空いた時にチェックをすることが出来るようになっているので、迅速に対応をすることができるというメリットがあります。
大抵のサイトはスマホからでもアクセス可能となっていますが、中には対応していないサイトもあります。
自分で利用しやすいサイトを見つけておくことも大事です。

求人情報だけではなく、どのように転職活動を進めていくとよいのか、というノウハウを掲載しているサイトもあります。
順番を間違えないようにすることと、下準備も行っておかなければいけないということがあるので、IT転職をスムーズに行うためにはチェックをしておくとよいです。

また転職をしてからも新しいことを勉強しなければいけない、ということがあるので、IT関連の情報が掲載されているサイトも利用するとよいでしょう。
どんどん新しい情報が出てくる分野だからこそ、情報の管理は必要となります。

IT転職を行う際、雇用形態にも注目をしたいところです。
正社員で就業をすることがすべてではありません。
最近ではフリーランスで仕事をする人も増加をしています。
フリーランスであれば、どのようなことが出来るのか、自分の技術を信じてその技術を売り込むことによって仕事を得る方法なので、フリーランスとして仕事をしていきたい場合にはどのようなことが必要となるのか、その方法などもサイトに掲載されているので、参考にしてみるとよいでしょう。
仕事の仲介をしてくれるサイトもあるので、アクセスしてみるとよいです。

IT転職の際に力になるエージェント

IT転職を考えている場合には、力になってくれるエージェントを探すことも大切です。
転職全般の情報を提供してくれる転職エージェントもありますが、IT業界に強い専門のエージェントもあります。
IT専門のエージェントのほうが専門的な部分まで指導をしてくれる、情報を提供してくれると考えがちですが、けしてそのようなことはありません。
専門のエージェントではなくても、新しい情報が入った際にすぐに対応をしてくれます。

IT専門か専門ではないか、ということよりも規模が大きいか小さいかということのほうが大事です。
大手の転職エージェントのほうが求人情報も取扱い数が多いですし、対応も早いということがあります。
担当者制度を導入しているところもあり、1度詳しい話をすればその後もスムーズな対応をしてくれることがあります。

規模が小さい転職エージェントの場合には、求人情報もそんなに多くはありませんし、変動もあまりないです。
ですから動きも遅いということがあります。

大手のIT専門転職エージェントがあれば、利用をする価値はあるでしょう。
しかしサイトの数もそんなに多いわけではありません。
転職をスムーズに行うためには、複数の転職エージェントを利用したほうがよいです。
様々なところから多くの情報が入ってくれば、その情報を整理して自分の希望に沿う求人情報を入手することができます。

IT専門の転職エージェントの中には、特定の業者からの求人情報ばかりを得ている場合もあります。
その特定の企業でどうしてもITの仕事がしたい場合であれば、よいかもしれませんが、言い換えれば人の出入りが激しいという可能性があります。
人が定着をしないで退職をする場合が多いということもあります。
もちろん、業務拡大につき、人手が足りないので求人を出すということもあるでしょう。
業務拡大でもないのに求人が頻繁に出される企業というのは、安易に応募をしないほうがよいです。

利用をしている転職エージェントに相談をして、どうなっているのか、ということを聞き出してみるのもよいでしょう。

転職エージェントを利用する際にも対応をしてくれるスタッフによって、印象が大きく変わります。
実際に利用をして不安に感じるようなことがあった場合には、まずは担当者を変更してもらうとよいでしょう。
その転職エージェントの中にも信頼をすることが出来る人がいるかもしれません。

またインターネットのクチコミサイトで評判をチェックすることも良い方法です。

未経験者が求められるIT転職

IT業界に興味があっても経験者でなければ、IT転職をすることが出来ないと言われていました。
未経験者の場合には、キャリアがないのでどんなに専門的な知識を取得していても、資格を取得していても、実績がないと転職は困難なことが多いです。

それでもIT転職をしたいという場合には、まずどんなことから始めたらよいのでしょうか?

まず大事なことは、未経験者であっても実績を積むことによって将来的には企業に利益をもたらすことが出来ると考えている企業が多いということです。
すぐに辞められては困りますし、未経験だからこそ変な予備知識がなかったり、経験者にありがちな他社でのやり方を通すということもありません。
企業側としては、未経験だからこそ自社のやり方に染めやすいということがあるのです。
ですからすぐに辞めるのではなく、5年、10年とそのIT企業で仕事をする覚悟が必要です。
仕事がしやすい企業なのか、転職をする時には応募をする企業についてしっかりと調べておくことが必要です。

全く違う業種の人材を雇用する意味は必ずあります。
一般的には他社に染まっていない、新しい風を取り入れる目的があったり、全く違った視点から技術の提案をしてもらいたい、斬新なアイディアが欲しいということも考えられます。

未経験の場合には本当にその仕事を覚えることが出来るのか、不安に思うこともあると思います。
IT企業の中には徹底的に研修を行い、その上で就業をしてもらうこともあります。
その研修の中で分からないことも分かるようにしてくれたり、丁寧に指導をしてくれるところもあるので安心できます。
ただしどこの企業であっても研修を行っているわけではないので、転職活動をする上で確認をしておくとよいでしょう。

未経験というだけで転職に不利になる、という考え方もあります。
本当にIT転職をしたいと考えているのであれば、専門的な勉強もするでしょう。
資格を取得することを目標にして、基本的な知識はある、という証明にすることもできます。
あまりにもハイレベルな仕事内容であれば、未経験者が就業をすることは困難でしょう。
実際にその企業で就業をして知識を身に付け、業務に役立っていくということになる場合が多いです。

未経験者だからIT転職は出来ないということはありませんが、求人そのものも少ないのは事実です。
新しい風を取り入れたいなど社風を変えたいという企業は未経験者の採用も積極的に行っているので、求人情報の詳細をチェックすることも大事です。

SE転職をする際に有利となる資格

どんな仕事でも資格があるとよい、と言われていますが、むやみやたらに資格を取得してもあまり意味がありません。
その仕事に適した資格、有利となる資格をしっかりと調べて勉強をしていくことが必要です。

今は転職をすることは特別なことではなく、一般的なことです。
人気がある業界の1つにIT関連業がありますが、このIT関連業に転職をしたい場合、どのような資格があると有利になるのでしょうか?

SE(システムエンジニア)転職を考えた場合、多くの人が希望をしている業界だからこそ、自分に有利になるように動くことも大事です。
特にシステムエンジニアは需要も多いですが、転職を希望している人も多いため、競争率も激しいです。
SE転職の参考になるサイト⇒http://se転職ちゃんねる.com/

SE転職をしたい人は大抵同じような資格を取得していることが多いので、他の人との違いというのが分かりにくいのも現実です。

ではどのような資格があれば、SE転職に有利なのでしょうか?
まずは国家資格です。
国家資格を取得していれば、かなり転職に有利になりますし、他の人と差をつけることができます。
基本情報技術者、情報処理技術者、プロジェクトマネージャは国家資格ですが、IT関連のどの部署で仕事をするにしてもあれば有利になりますし、役に立つ資格です。

専門的な知識がなければ合格をすることができない資格もレベルがピンキリなので、できるだけレベルの高い資格を狙ってみるとよいです。
CCNAやLPIC等のベンダ系資格はあったほうがよいですが、これらの資格は多くの人が取得をしているので、持っていて当たり前という感じの資格ではあります。
また実務経験があったほうが転職には有利になります。
未経験者よりも経験者が優遇されますし、その経験を生かした転職を行うこともできます。
ベンダ系資格はその人のスキルレベルを診断する際に参考になります。
簡単に取得をすることが出来る資格をたくさん持っているよりも、ハイレベルな資格を1つでも取得していたほうが有利です。

他にもTOEICを受けておくとよいかもしれません。
英語力を数値化したような感じですが、履歴書に記載するためのものとして考えておいたほうがよいでしょう。
外資系であれば、英語力は求められますが、国内資本の企業であれば英語力はそんなに重要ではありません。
あればよい、という程度に考えておくとよいでしょう。

当然TOEICも高得点を目指したほうがよいです。
高得点を取得していれば、履歴書にも自信を持って記載することが出来るでしょう。