転職サイトの選び方

転職、したいですか?

「転職」と聞いて帰ってくる答えは様々だとおもいますが、一般的には今の会社に何かしらの不満があり転職なされる事と思います。しかし、転職市場も千差万別、そしてご自身のスキルの他、何を求めてるかをきちんと把握して挑みましょう。

会社を変えたいのか、市場価値を知りたいのか。

転職を希望される方には一定数、ご自身の市場価値を知りたくて転職活動をされる方がいらっしゃいます。その場合、転職サイトではなく希望の企業へ直接応募される場合が多いように見受けられます。もちろんそれも一つの方法ですが、他にも同業の友人とお話してみる、といった方法でお互いの「差」を感じる事もできますよ。

転職サイトの種類

転職サイトには、検索タイプとコンサルタント(エージェント)タイプがあります。
検索タイプは、リクナビネクスト(http://next.rikunabi.com/)、イーキャリア(http://www.ecareer.ne.jp/)といったサイトがあり、24時間いつでも検索・エントリする事ができます。 
コンサルタントは、自身に担当者が付き、企業の紹介および折衝を行ってくれるサービスです。
 

コンサルタントとの出会い方

私は以前イーキャリアFA(http://www.ecareerfa.jp/)でコンサルタントに出会い、無事に転職に成功したことがあります。また、外資系企業にお勤めの方など、LinkedIn等に登録していると外資系コンサルタントから勧誘の電話・メールが来る事がありますが、興味がなければスルーして頂いて構いません。

コンサルタントのカラクリ

コンサルタントは企業からのリクエストを受け、エントリーされる方を紹介・斡旋し、入社時に給与の一定割合の金額を報酬として受け取る場合が多いです。
その他、転職にあたり不安点の相談を聞いて貰えたり、模擬面接をセッティングして貰える場合もあります。
尚、良いコンサルタントは事前にエントリーする会社を教えてくれますが、悪いコンサルタントはFAX等で勝手に匿名の経歴書を企業へ送付する場合があります。予めコンサルタントの評価をネットで検索しておくことをお勧めします。

履歴書は手書き?Word?

業種や考え方による部分もあるかもしれませんが、よほどの理由が無い限りWordで問題無いでしょう。履歴書はWordという方が私の身の回りでは増えています。また、Wordの方がカドが立たない・メンテナンスが簡単といったメリットもあります。フリーの履歴書テンプレートを自分用に修正すると簡単です。

おわりに

永年雇用が事実上なくなった今、日本でも転職は一般的になりつつあります。自身のスキルアップだけではなく、生活環境が変わることでの転職もあるでしょう。皆さんの転職が上手くいく事をお祈りしています。