30代におすすめの転職サイト

アブラが乗ってる30代

30代というと、社会人経験10年目を迎える年代であり、一通り場数をこなしつつ部下・後輩がついてくる年代です。
また、既に幾度かの転職をされ、ご自身のスキルや環境の合う・合わないが見つかる年代かもしれません。
転職市場でも美味しい魚のように「脂が乗ってる世代」であり、転職をきっかけに出世される方も多いです。

転勤・結婚・病気・ご実家の都合…

一方、生活環境が変わることで働き方や求める職場環境が変わっていく事もあります。
例えば、「結婚によって残業を少なくしたい」、「転勤先が合わないので、元の環境に戻りたい」、「実家の親が体調を崩したので、田舎の近くに帰りたい」といったお話もよく聞きます。これらはライフイベントとしてよくあるお話の一例ですので、ご自身の考え方・都合を加味して今後を決めてみてください。

そこで転職サイトを使おう!

前者ではその環境を一定のスキルを得た時、後者では職場環境を変えたい時、それぞれのエピソードを紹介しましたが、どちらも転職サイトを上手く使うことで解決できます。
都市部には同業他社の求人が集中しており、通勤の便や採用活動にも有利です。
また大手の転職サイトでは都市部の仕事だけではなく、地方の支店での求人も非公開で扱っている場合があり、地方へ引っ越しされる方も相談する価値はあります。

転職サイトトップ3

1. リクナビNEXT(http://next.rikunabi.com/)

大手転職サイトの1つ。
レジュメ登録後、すぐに大量の求人を観ることができます。
また、スカウトサービスを使用することで、エージェントや企業からスカウトを受ける事ができます。

2. リクルートエージェント(http://www.r-agent.com/)

大手転職エージェント。
全国に案件を持ち、未公開求人も多く取扱います。
一方で、人気の求人には人が殺到している、という情報もあります。

3. イーキャリアFA(http://www.ecareerfa.jp/)

転職エージェントや紹介会社とのマッチングサイト。
良質なエージェントにヘッドハントされることで、良い転職ができます。

ハードワークの人は全体の仕事量で量ろう

ハードワークの方ですと、8時間労働の後に2時間残業などが普通、といった方も少なくありません。
この場合、全体の仕事量と今の価値(給与)を天秤にかけて転職する形になります。
もしスキルが少なく全体の量だけ多いのならば、空いた時間で社内外でスキルを身につけ準備してから転職する、という方法もあります。例えば社内の上司・先輩に仕事のスキルについて質問・相談していく、社外勉強会に参加してみる、ネット等で同業者とお話してみる、などです。

コンサルタントも上手に使おう

コンサルタント(エージェント)は、企業と自身をマッチングしてくれる味方です。
譲れない条件があれば最初に提示し、そこから需要を観ながら落とし所を見つけるのが良いでしょう。

おわりに

「石の上にも3年」ということわざがありますが、現実採用担当の方によってはジョブホッパー(短期転職者)を見抜く為に、1つの企業に3年以上在籍できたかどうか、を履歴書を通して観ている場合があります。
また、「5年選手」「10年選手」という言葉もあり、その職種を何年続けてきたかという事を示しています。
いずれも、同じ道をコツコツ歩んだ結果が30代に跳ね返ってくるんだと思います。
皆様の転職が上手くいきますよう、お祈りしております。