SE転職をする際に有利となる資格

どんな仕事でも資格があるとよい、と言われていますが、むやみやたらに資格を取得してもあまり意味がありません。
その仕事に適した資格、有利となる資格をしっかりと調べて勉強をしていくことが必要です。

今は転職をすることは特別なことではなく、一般的なことです。
人気がある業界の1つにIT関連業がありますが、このIT関連業に転職をしたい場合、どのような資格があると有利になるのでしょうか?

SE(システムエンジニア)転職を考えた場合、多くの人が希望をしている業界だからこそ、自分に有利になるように動くことも大事です。
特にシステムエンジニアは需要も多いですが、転職を希望している人も多いため、競争率も激しいです。
SE転職の参考になるサイト⇒http://se転職ちゃんねる.com/

SE転職をしたい人は大抵同じような資格を取得していることが多いので、他の人との違いというのが分かりにくいのも現実です。

ではどのような資格があれば、SE転職に有利なのでしょうか?
まずは国家資格です。
国家資格を取得していれば、かなり転職に有利になりますし、他の人と差をつけることができます。
基本情報技術者、情報処理技術者、プロジェクトマネージャは国家資格ですが、IT関連のどの部署で仕事をするにしてもあれば有利になりますし、役に立つ資格です。

専門的な知識がなければ合格をすることができない資格もレベルがピンキリなので、できるだけレベルの高い資格を狙ってみるとよいです。
CCNAやLPIC等のベンダ系資格はあったほうがよいですが、これらの資格は多くの人が取得をしているので、持っていて当たり前という感じの資格ではあります。
また実務経験があったほうが転職には有利になります。
未経験者よりも経験者が優遇されますし、その経験を生かした転職を行うこともできます。
ベンダ系資格はその人のスキルレベルを診断する際に参考になります。
簡単に取得をすることが出来る資格をたくさん持っているよりも、ハイレベルな資格を1つでも取得していたほうが有利です。

他にもTOEICを受けておくとよいかもしれません。
英語力を数値化したような感じですが、履歴書に記載するためのものとして考えておいたほうがよいでしょう。
外資系であれば、英語力は求められますが、国内資本の企業であれば英語力はそんなに重要ではありません。
あればよい、という程度に考えておくとよいでしょう。

当然TOEICも高得点を目指したほうがよいです。
高得点を取得していれば、履歴書にも自信を持って記載することが出来るでしょう。